台児荘古城~北京

2018年1月4日 雪の台児荘古城   1月3日の夜から雪が降り始め、大雪になりました。朝起きると、台児荘古城は雪景色でした。 (雪の台児荘古城) (雪の台児荘古城西門) 徐州行きを目論むが・・・   朝7時に台児荘古城を出発し、棗荘から徐州へ行き、徐州で一日観光してから北京に戻ろうとしました。   しかし雪の影響は思いのほか大きかったです。   棗荘へ行くバスの乗るため、台児荘古城…

続きを読む

済南~台児荘古城

2018年1月3日 済南-棗荘 高鉄で行く  錦江之星済南大明湖店をチェックアウトし、11路のバスで済南火車站へ行きました。  そして7:23発の高鉄G63で棗荘(枣庄 zao zhuang)へ行きました。二等座で104RMB(1664円)です。 (済南站)   8:34に棗荘に到着しました。 (棗荘站ホーム) (棗荘站 駅舎) 棗荘-台児…

続きを読む

周村~済南 趵突泉・黒虎泉・千佛山・芙蓉街・大明湖

2018年1月2日 周村から済南へバスで移動  大街から239路のバスで周村客運中心へ行き、周村客運中心から済南行きのバスに乗りました。 (周村客運中心)  周村から済南のバスは30RMB(480円)です。 (周村-済南バス)  バスは8:30頃、周村客運中心を出発し、10:50頃に済南長途汽車総站に到着しました。 (済南長途汽車総站) …

続きを読む

北京~周村

2018年1月1日 元旦に周村古商城へ行く  2018年元旦は、山東省にある周村(Zhou cun)古商城へ行きました。かつては絹の交易で栄えた町であり、今は「古城」として観光地となっております。 北京南→淄博→周村  北京南站から淄博(Zibo)站まで高速鉄道で行き、淄博站から周村まで路線バスで行きました。  北京南を7:25に出発するG177に乗りました。二等座で229RM…

続きを読む

唐山(2)~北京・高速バスで北京に戻る

2017年10月5日 朝10時ころ唐山站前の食堂が開く ホテル(開灤賓館)を8時ころチェックアウトし、唐山站へ行きました。9時少し前に荷物を預け放しのまま店を閉めてしまった食堂に行きましたが、まだ閉まっておりました(その店の隣の店の主人の話では「9時ころ開店する」とのこと)。 そして朝10時ころ食堂が開きました。私が「“7時半頃、荷物を取りに来る”といったのに、なぜ店を閉めてしまったのですか」…

続きを読む

遵化(2)~唐山(1)・唐山地震遺址公園・開灤公園

2017年10月4日 遵化汽車站から唐山西汽車客運站へバス 遵化から唐山へバスで行きました。唐山には唐山西汽車客運站と唐山東汽車客運站があり、どちらも遵化から行くことができます。 唐山西汽車客運站は唐山火車站(唐山站)に近いです。私は10:20発の西汽車客運站行きのバスに乗りました。運賃は27.5RMB(440円)です。 下の写真に見るように、行き先表示は「唐山」とだけ書かれており、「唐山…

続きを読む

薊州(4)~遵化(1)・清東陵

2017年10月3日 薊州から遵化へのバスは隔日運行  薊州から河北省の遵化(世界遺産の清東陵があるところ)へ行くバスがあるということで、それに乗っていきました。薊州から赤峰(内蒙古自治区)へ行くバス路線の途中、遵化を経由するので、そこで降りるのです。 (薊州-赤峰バス)   このバスは8:15に薊県(薊州)汽車站を出発します。遵化まで21RMB(336円)です。 …

続きを読む

薊州(3) 盤山景区

2017年10月2日 漁陽賓館へ  盈升商務酒店は10月2日の朝まで予約しておりました。薊州でもう一泊しようと思いましたが、 盈升商務酒店では予約が取れなかったので、漁陽賓館(渔阳宾馆 Yu yang Bin guan)にしました。Ctrpの予約で、1泊296RMBですが、Ctrip の38RMBの割引券を使い、258RMB(4128円)でした。 (漁陽賓館) 盤山景区に…

続きを読む

薊州(2) 黄崖関長城・独楽寺・漁陽古街

2017年10月1日 薊州客運站からバスで黄崖関長城 薊州客運站から、興隆(兴隆 xing long)へ行くバスに乗って、黄崖関長城(黄崖关长城 huang ya guan chang cheng)に行きました。 ただし後述するように、薊州の中心部から黄崖関長城に行くには、独楽寺周辺に泊まっている乗合タクシーで行ったほうが良いです。 (薊州客運站)  10:30に薊州客運站を出発する興隆の…

続きを読む

北京から薊州(1)へ

2017年9月30日   国慶節休暇は超メジャーな観光地は避け、北京から近いところにあるそれほどメジャーではない観光地に行くことにしました。   天津市薊州(黄崖関長城、盤山、独楽寺)と、唐山市遵化(清西陵)、唐山市(唐山地震紀念館、開滦博物館)を旅しました。 知る人ぞ知る北京東站    今回旅をしたのは天津市といっても、その郊外にある薊州(ji zhou)区(以前は薊県と呼ばれ…

続きを読む

最近の記事